徳之島のダイビングポイント

ホーム > ダイビングメニュー > 徳之島のダイビングポイント

ボートポイントが90%、ビーチポイントが10%ぐらいの割合で構成され、名前のついていないダイビングポイントも数多く残されています。定められたダイビングポイントのみではなく、ポイントではない場所にボートを走らせることも出来るので、田舎の島らしく自由なダイビングを満喫していただける島です。なんといっても一番の魅力はひとつのポイントに他のボートが一緒にとまるなんてまずない、1グループで海貸切感覚を味わえることかな〜と思います。

ブルーホール沖などをはじめとする最も魚影の濃い北海岸のメインエリア、外洋にそびえ立つ、小潮限定でエントリーが可能な徳之島No1ポイント『トンバラ岩』、徳之島が誇る巨大な宝物『神様サンゴ』や、南の島らしい真っ白な砂地、内湾のマクロ生物など表情豊かなボートポイントが揃う東海岸エリア、水深が全体的に深く豪快な地形の西海岸エリア、中・上級者のみが楽しめる南部エリア、海底洞窟やウミガメだらけのビーチダイビングエリアなど多くのポイントが存在します。季節、天候や風向きによって近場から遠方のエリアまでダイビング専用クルーザーにてご案内いたします。

水温は冬場で20℃前後、最盛期は29℃前後となり、透明度は20m〜30m程度です。5月〜6月の梅雨時期は雨水の影響でやや透明度が下がることがあります。目安のスーツは、11月〜5月:ドライスーツもしくはウエット(5mmもしくは6.5mm)+フードベストなど、6月:5mmウエットのみもしくは+フードベスト、7月〜10月:3mmウエットもしくは5mmウエットとなります。寒さは人によって感じ方が異なるためあくまで目安としてくださいませ。ご心配な場合は遠慮なくお問い合わせください。

★徳之島の日々の海の情報はブログもしくは公式facebookページでご覧ください。

※マップ上に掲載されていない魅力的なポイントも多数ございます。